習慣

習慣作りを助ける『20秒ルール』

新しい習慣を作る上で役に立つテクニックはいくつかありますが、今回はハーバード大講師のショーン・エイカー氏著「幸福優位7つの法則」で紹介されているテクニックの1つ

20秒ルール

を紹介します。

なかなか新しい習慣を作れない…、3日坊主で終わってしまう…という人には特におすすめです。

良い習慣を作る『20秒ルール』

この本では人間の意志の力には限界があり、面倒な行動ほど継続が難しい、という趣旨の内容が紹介されています。

つまり行動を習慣化するには、いかに面倒な部分を取り除き手間を無くすかがとても重要なのです。

そこで著者が提案したのが、

習慣化したい行動を、今よりも20秒早く取り掛かれるようにする

という『20秒ルール』です。

例えば本の中では、著者がギターを学ぶ際にクローゼットの中にしまってあったギターを部屋の真ん中に置くようにしたところ、無事弾くことが習慣になった、という話が紹介されています。

他にも、筋トレを習慣にしたいのであれば、

ダンベルやマットなど、必要なものを並べておく

読書を習慣にしたいのであれば、

途中まで読み進めている本は、本棚にはしまわず机の上に置いておく

のが良いかと思います。

習慣化したい行動は、1ステップでも手間を省いてすぐに手をつけられるようにしましょう。

悪い習慣をやめる『20秒ルール』

『20秒ルール』は悪い習慣をやめるときにも使えます。

人間は面倒なものほど嫌がるわけですから、やめたい行動を今よりも20秒手間が多くかかるようにすることで、悪い習慣を断ち切ることができるのです。

スマホやゲームがやめられないのなら、

玄関など、生活スペースから離れた位置を置き場所にする

間食がやめられないなら、

おやつを棚の奥にしまう

そもそも家にストックせず、買いに行かなくてはならないようにする

というように、とにかく手間がかかるような工夫をしましょう。

『20秒ルール』まとめ

『20秒ルール』というテクニックですが、特に20秒にこだわる必要もなく、

・良い習慣を作りたいなら、1ステップでも手間を減らす。

・悪い習慣を断ち切りたいなら、1ステップでも多く手間をかけなければいけないようにする。

ということを意識すれば良いかと思います。

ぜひ試してみてください。

この記事もおすすめ!