スキンケア

メンズにもおすすめの日焼け止めと正しい使い方

みなさんは日焼け止めを使っていますか?

夏に使っている人は多いかと思いますが、実は紫外線は夏以外にも降り注いでいます。

4月は9月とほぼ同じ量の紫外線が、1月でも真夏のおよそ4分の1程度の量の紫外線が地上に届いています。

(気象庁HP参照)

https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uvimax_monthave_tsu.html

ですので肌をキレイにしたい、白く保ちたいという人は夏だけでなく、1年を通して日焼け止めを塗ることをおすすめします。

そこで今回は、具体的にどんな日焼け止めが良いのか、またその塗り方を紹介していきます。

【おすすめの日焼け止め】①日焼け止めの種類

日焼け止めの成分は大きく分けて2つ存在します。

1. 紫外線吸収剤

特徴としては紫外線を防ぐ力が強い一方、刺激が強く乾燥を引き起こしたり、敏感肌に塗ると肌荒れを起こすことがあります。

2.紫外線散乱剤

紫外線吸収剤に比べて紫外線を防ぐ力は弱い一方、低刺激で肌に優しい特徴があります。

中にはこの2つの成分を混合して配合しているものもあります。

また紫外線散乱剤を主成分とし、紫外線吸収剤を配合していない日焼け止めは、肌に優しい日焼け止めとして、『ノンケミカルの日焼け止め』と呼ばれることもあります。

【おすすめの日焼け止め】②おすすめの商品

ここからはおすすめの商品と特徴や実際に使用したレビューを紹介していきます。

キュレルUVローション SPF50 PA+++

長所

・敏感肌用に開発されていて、紫外線吸収剤も不使用なので肌に優しく、荒れにくい

・保湿成分配合

・のびが良いので塗りやすい

・肌が白くならない

短所

・洗顔をする際に、たまに落ちにくいときがある。

オルビス サンスクリーンフリーエンス

長所

・紫外線吸収剤不使用で肌に優しい

・塗っても白くなりにくい

・保湿成分配合

短所

・SPF30なので、真夏の炎天下での使用の際か少し物足りなさを感じるかも

ニベアサン ウォーターミルクマイルド

・のびがよく白くなりにくい

・保湿成分配合

・コスパが良い

短所

・洗顔をする際、落ちにくいと感じるときがある

ニベア ウォータージェル SPF50 PA+++

長所

・ジェル状になっているので白くならない

・ポンプタイプもあり、とても使いやすい

・保湿成分配合

短所

・紫外線吸収剤を使用しているので、肌荒れしやすい。

私は、顔にはキュレルUVローションを、体には比較的コスパの良いニベアウォータージェルを使用しています。

肌は弱い方なのですが、1年間使ってみて日焼け止めによる肌荒れはないので、この2つは特におすすめです。

【おすすめの日焼け止め】③正しい塗り方

・こまめに塗り直す

特に夏は汗によって日焼け止めが流れてしまうことがあります。

汗を拭いた後などは、できるだけ日焼け止めを塗り直すようにしましょう。

・肌が乾燥した状態で塗らない

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めでも、多少なりとも刺激になることがあります。できるだけ保湿を済ませた状態で塗り外で塗り直す場合は保湿成分が配合されているものを使うようにしましょう。

【おすすめの日焼け止め】まとめ

スキンケアにおいて、日焼けを防ぐことはとても重要です。

肌荒れに悩んでいる人は、ぜひこれらを参考に日焼け止めを活用してみて下さい!

この記事もおすすめ!