ボディメイク

食欲を抑えたいならプロテインを飲もう

・ダイエット中なのに食欲が止まらない

・食事制限をしているが、お腹が空いてイライラする

ダイエットにおいてもっとも辛いものの1つが、食欲を抑えることですよね。

逆に言えば、食欲の抑制に成功すればダイエットはある程度の結果を得られるわけです。

そこで今回は、そんな食欲の抑制においてどうしてプロテインが有効なのかを紹介していきます。

プロテインは食欲を抑える

結論から言ってしまうと、人は体の維持に必要な量のタンパク質が摂取されるまでは食欲がおさまらないのです。

つまりはタンパク質を十分に摂取すれば、食欲を抑制することができるということです。

なのでいかに炭水化物や脂質でお腹を満たしたところで、しばらく経てば人はまたタンパク質を求めて、食欲を感じ続けてしまうのです。

これはオックスフォード大学が発表した「プロテインビバレッジ」という説に基づいて研究されたもので、実際に過去38件の実験データを精査した論文でも、

タンパク質の摂取量が増えるほど、総摂取カロリーが減少する

という傾向が確認されました。

現在世の中には、高カロリー低タンパク質の食品が無数に存在します。

ダイエットをしている人は特に食品を選ぶ際、『タンパク質の量』に注意をしてください。

プロテインを飲むタイミング

ダイエット中、プロテインを飲む1番おすすめのタイミングはです。

朝飲むことで高カロリー食を食べたいという欲求が抑えられ、結果1日の総摂取カロリーが減ったというデータがあります。

昼食は特にジャンクフードを食べがちなので、その前にタンパク質を摂っておくことが大事なのかもしれませんね。

時間がない朝に、朝食代わりにプロテインというのも習慣にしやすいのではないでしょうか。

プロテインの量

1日のタンパク質の量は、最低でも

総摂取カロリーの15%(総摂取カロリーが2000kcalならば75g)

は摂取しましょう。

総摂取カロリーが分からないという人は、体重1kgあたりタンパク質最低1g、できれば1.5gを目安にしましょう。

この量全てを普通の食事から摂るのは意外と難しいです。

なので食事で摂れなかった分をプロテインで補うイメージが良いかと思います。

またタンパク質の過剰摂取については、よほど多くのタンパク質(体重1kgあたり4gとか)を摂らない限りは問題がないとされていますが、肝臓に病気を抱えている人などはお気をつけください。

まとめ

食欲を抑えたい人はぜひ「タンパク質を多く摂取する」という意識を常に持つようにして下さい。

朝一杯のプロテインを飲むだけでも、かなり効果が実感できると思いますよ。

参考文献

この記事もおすすめ!