メンタル強化

【注意】ポジティブシンキングに意味がない理由

前回「ポジティブシンキングは意味がない、それどころか逆効果だ!」という話をしました。

(前回の記事はこちら)

ということで今回は、ではなぜポジティブシンキングは意味がないか、という理由についてお話をしていきます。

この記事で学べること

・ポジティブシンキングはなぜ意味がないのか

・ポジティブシンキングが効果を発揮する場面

・ポジティブシンキングに代わるおすすめのテクニック

ポジティブシンキングに意味がないのは『やる気』を削がれるから

やる気を出すために「自分はやればできる!!」と気合を入れたりしますよね?

ですがこれ…実は逆効果でした。

ポジティブシンキングを長年研究し続けた、ガブリエル・エッディンゲン博士が2011年に行った実験を紹介します。

①対象者である学生の半数には『最高の週末』を想像をしてもらい、もう半数には『普通の週末』を想像してもらう。

②1週間後学生に、週末が有意義だったか、を尋ねる。

すると『最高の週末』を想像した学生ほど「有意義に過ごせなかった…」と答えたそうです。

なんでも『最高の週末』というポジティブな想像をした学生は「やる気を出すためのエネルギー」が不足していたといいます。

みなさんも

「明日1日休みだから○○○と△△△と□□□をして…」と想像するも、結局1つのことしか終わらなかった。

本屋さんで本を大量に買い「これを全部読んで、知識を身につけるんだ!」と意気込んでいたけど、結局1冊も読まずに埃がかぶる。

なんて経験はありませんか?

これはポジティブシンキングと同じ現象で、エッディンゲン博士によると、

ポジティブシンキングは、あたかもすでに目標が達成されたかのような幻想を与える

その結果、目標に向かうための意欲が削がれてしまう。』

と述べています。

宝くじが売れるのは、買う人が「もし当たったら…」というポジティブな想像(妄想?)をするため、なんて話がありますが、間違ったポジティブシンキングは宝くじと同じと言えるかもしれませんね…。

ポジティブシンキングの意味がある場面

ポジティブシンキングが全く使えないか、と言われればそうではありません。

使い方、使う場面を変えれば、意味ある心理テクニックになります。

ではその例を2つほど見ていきましょう。

①どうにもできないほど過酷な状況を耐えるとき

言い方を悪くすると『現実逃避』ですが、立派な心理テクニックの一つです。

自分の力ではどうしようもできない、災害や不運な出来事を乗り越える際に、不安や苦しみをやわらげる効果があります。

エッディンゲン博士も

『ポジティブシンキングは状況次第では大いに役立つ。

体重を減らしたり、タバコをやめたり (中略) には使えないが、圧政的な政治体制を耐えたり、砂漠のような環境を生き延びたり (中略) といった場面では大いに使うべきである。

大事なのはポジティブシンキングの限界を理解し、多くのことを望まないことだ。

と述べています。

やはり、ポジティブシンキングは限定的な場面でしか効果を発揮できないのですね。

②想像が達成できると確信しているとき

ポジティブシンキング最大の問題点は

『あたかもすでに目標が達成されたかのような幻想を与える』

ことでしたね。

この問題点を解消するためにおこなって欲しいのが、『達成した自分』を想像するのではなく目標を一歩ずつ段階をかさねて達成していく自分を想像することです。

具体的な手順は

①最終目標を設定

②目標を細かく区切って、小さな目標を何個か設定

③目標が本当に達成できそうかを想像

④達成できそうであれば準備完了、できなさそうであれば①、②を見直して、また③へ

こうすることで、幻想にとらわれることなく、目標へ向かうことができます。(もはやポジティブシンキングとは呼べないかもしれませんが…)

またこれに似たものとしてエッディンゲン博士も、ポジティブシンキングに代わる心理テクニック『「woop」の法則』を著書内で紹介しています。

「woop」の法則についての詳しい説明はこちら↓

【ポジティブシンキングに意味がない理由】まとめ

いかがだったでしょうか。

「ポジティブシンキングに頼っても上手くいかなかった…。」という人は、少しは納得していただけたかと思います。

今後はポジティブシンキングではなく、「現実的に達成できるか?」を想像するようにしてみてください。

・ポジティブシンキングはやる気を削ぐ

・ポジティブシンキングは自分ではどうしようもできない過酷な状況では、効果を発揮する。

・目標を達成したいなら「達成した自分」ではなく、「小さな目標を一つずつ乗り越えていく自分」を想像する。

・ポジティブシンキングの代わりに「woop」の法則を使う。

参考文献

この記事もおすすめ!