食生活

【注意】腸内環境を悪くしてしまう食べ物

腸内環境を悪くしてしまう食べ物

お腹を下す、便秘気味などなど、お腹の不調に困ってはいませんか?

その原因は食生活にあるかもしれません。

実際に、欧米の食事が普及して以降、ここ20年間で大腸ガンになる人が2倍以上に増加しています。
腸内環境と食事は切っても切り離せない関係なのです。

そこで今回は、腸内環境を悪くする恐れのある食べ物を紹介していきます。

この記事で学べること

・腸内環境を悪くする食べ物

・腸内環境を改善する効果がある食べ物

・腸内環境が悪化による症状

腸内環境を悪くする食べ物

具体的にどのような食事が腸内環境に悪いのか、どこを気をつければいいのかを見ていきましょう。

精製糖が多く使われた食品

精製糖が多く使われた食品

精製糖とは、一般的な白砂糖やグラニュー糖などのことで、不純物などが取り除かれ、砂糖のみの状態になったもののことを指します。

アメリカのイェール大学の研究によって、

「砂糖は、腸内で有用な微生物(腸内細菌)が、腸に住むことをできなくさせる働きを持っている」

ということが明らかになりました。

つまり精製糖を食べると、体に良い腸内細菌が減ってしまい、腸内環境が悪化するということです。

甘いものが食べたくなったら、お菓子ではなく、果物などの加工されていない食べ物を摂るようにしましょう。

塩分の多い食事

塩分の多い食事

ご存知のとおり、塩には殺菌作用があります。
その殺菌効果を利用して魚を保存したり、味噌や醤油が作られているのは有名な話ですね。

しかしこの塩の殺菌効果が、腸内細菌を死滅させて腸内環境の悪化を引き起こしてしまうのです。

もちろん塩は人体に必要な成分でもありますので完全にカットするわけにはいきませんが、味の濃い食事を控えるなど塩分の摂りすぎには充分気をつけるようにしましょう

食品添加物

食品添加物や人工甘味料が腸内環境を悪くする

添加物の摂取も腸内環境を悪化させる恐れがあります。

ある研究では、人工甘味料の摂取で腸内細菌が減少した、というデータが報告されました。

腸内細菌の減少は腸内環境の悪化に直結しますので、避けられるのであれば、食品添加物はなるべく食べないようにしましょう。

腸内環境を悪くする食べ物:まとめ

精製糖、塩、食品添加物は腸内環境に悪影響を及ぼします。

特にこれらが多く含まれている

・お菓子などの加工食品

・ジャンクフード

・ジュースなどの加糖飲料

には充分注意してください。

腸内環境が悪くなるとどうなるの?

ここまで、腸内環境を悪化させる食べ物を紹介してきましたが、そもそも腸内環境が悪化するとどのような症状が現れるのでしょうか。代表的な症状を2つほど紹介します。

免疫機能の低下

実は腸は、消化器官であると同時に免疫器官でもあります。というのも、全身の免疫組織の実に70%以上が、腸に存在するのです。

腸は体の内部にありながら、外部からのウイルスや病原菌などが侵入してくるリスクが高いため、体を守る機能が集中しているのです。

ですから、腸内環境の悪化は免疫機能の低下に直結します。

風邪をひきやすい、病気になりやすいという人はぜひ、腸内環境を見直してみてください。

肌荒れ

肌荒れやニキビが起きるメカニズムについては、未だに解明されていない部分が多く存在するのですが、腸内環境の悪化が大きく関わっているのではないかと言われています。

実際に多くの研究で、肌荒れを起こしている人の多くが腸の不調を訴えていることが明らかになっています。

そのほかにも腸内環境が悪くなると、体の様々な部分に異変や不調が起きることがあります。

くわしくはこちらの記事もご覧になってください。

腸内環境を改善する方法

腸内環境を改善する方法は、体に良い腸内細菌(善玉菌)を増やすことです。

そのためには、

・腸内細菌(善玉菌)を直接摂取する

・腸内細菌(善玉菌)を腸内で増やす

の2種類の方法があります。

腸内細菌(善玉菌)を摂取する

腸内環境を改善する食品

腸内細菌(善玉菌)が多く含まれている食品やサプリメントは、プロバイオティクス(食品)と呼ばれます。

腸内細菌(善玉菌)を多く含む食品はこちら

・納豆

・キムチ

・ヨーグルト など

また市販の乳酸菌飲料を飲んだり、サプリメントを摂取するのもおすすめです。

腸内細菌を増やすサプリメントについてはこちらから

腸内細菌を増やす

腸内細菌を増やすには、腸内細菌のエサとなる栄養素が必要です。

腸内細菌のエサとなる栄養素は

・オリゴ糖

・水溶性食物繊維

・ポリフェノール

が挙げられます。

腸内環境を悪くする食べ物:まとめ

いかがだったでしょうか。

腸内環境が悪くなると、体の様々なところに支障をきたす恐れがありますので、ぜひ食生活を見直して、腸内環境を改善してください。

この記事もおすすめ!