集中力

コーヒーの香りだけで集中力が上がるというお話

コーヒーの香りだけで集中力が上がるというお話
この記事から学べること

・コーヒーの香りだけでも集中力が上がる根拠

・コーヒーの香りがするもの、コーヒーの代用となるもの

コーヒーが集中力を高める効果を持っているのは有名な話ですよね。

以前の記事でも説明しましたが、コーヒーに含まれているカフェインには覚醒作用や認知機能向上の効果があり、それによって集中力が上がると言われています。

しかし今回紹介するのは、コーヒーを飲んでカフェインを摂取せずとも、香りを嗅ぐだけで集中力が上がるのでは?という研究です。

もしこれが本当ならば、

・コーヒーを飲みたくても、カフェインに弱くてなかなか飲めない人

・夜集中力を上げたいけど、眠れなくなるからコーヒーが飲めない場合

でもカフェインを摂取せずに、香りだけで集中力をチャージすることができるということになります。

ということで今回は、コーヒーの香りで集中力が上がると判明した実験と、私たちが日常生活で使える方法について紹介していきます。

コーヒーの香りだけで集中力が上がった実験

コーヒーの香りだけで集中力が上がった実験

スティーブンス工科大学の実験で、約100人の学生を

・コーヒーの香りがする部屋

・無香の部屋

に分けてGMATという分析力や言語能力、数学的思考力などを測るテストを実施しました。

その結果、コーヒーの香りをさせた部屋の方が香りのない部屋に比べて明らかに点数が高かったことが分かりました。

ちなみにコーヒーの香りは人工的に作られたもので、カフェインやその他脳を活性化させる物質は何も入っていなかったそうです。

この結果から研究者は、

香りを嗅ぐことで注意力・集中力が高まり、自分のパフォーマンスが向上すると被験者自身が思いこんでいたのでは?


と考えました。要するにプラシーボ効果ですね。

そこでさらに検証をするため、新たな実験を行いました。

200人以上の参加者を新たに用意して香りに関する質問をしたところ、参加者のほとんどが

コーヒーの香りには注意力や集中力を高める効果があり、それを嗅ぐことでエネルギッシュになることができると思う

と回答したのです。

一方、花などのコーヒー以外の香りについてパフォーマンスを高めるような印象は持っていませんでした。

以上の実験から

コーヒーの香りには、「コーヒーの香りが注意力を高める」という思いこみ(プラシーボ)によって、集中力を上げる効果がある

ということが分かったのです。

コーヒーの香りだけで集中力が上がる条件

以上の実験よりコーヒーの香りによって集中力が上がるということが判明しましたが、この効果を発揮するには条件があります。それは

コーヒーによって注意力・集中力が高まり、パフォーマンスの向上を実感した経験がある

ということです。

コーヒーの香りそのものには、集中力を高める物質は入っていません(ましてや今回の実験で使用されたのは、コーヒーの香りに寄せて作られた偽物でした)。

にもかかわらずテストの点数が良くなったのは、被験者が

・コーヒーには集中力を高める効果がある

と認識していたからです。

なのでコーヒーを全く知らない人が香りを嗅いでも効果はないですし、「コーヒーで集中力が上がるなんて迷信でしょ?」とコーヒーの効果に懐疑的な人が試しても意味がないでしょう。

逆に言えば、普段からコーヒーを愛飲している人、特に「コーヒーがないと仕事に集中できない!」という人にはかなりの効果が期待できるのではないでしょうか。

コーヒーの代用品

コーヒーの香りだけで集中力が上がった実験

コーヒーの香りによる効果が分かったところで、次は実際に日常生活で利用するために使えそうなものを紹介していきます。

①デカフェコーヒー

デカフェコーヒーとは、カフェインを取り除いたコーヒーのことです。

私も飲んだことがあるのですが、コーヒーの香りの効果を知ってか知らずかカフェインが含まれていないにも関わらず集中力が上がったような気がしました。

カフェインの取り除き方は、水や二酸化炭素を使う方法と、溶剤を使って化学的に除去する方法があります。

溶剤による方法も安全ではありますが、不安な方はオーガニックと書かれているものを選ぶと間違いないと思います。

ちなみに『カフェインレス』と書かれたものもありますが、こちらはカフェインを減らしたもので、完全に取り除かれているものではないのでご注意ください。

ではここで個人的に良かったと思うデカフェコーヒーを3つほどご紹介します。

ネスレ スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー ディカフェ ハウス ブレンド

さすがスターバックスなだけあって、普通のコーヒーと見分けが近ないレベルのおいしさです。

ドリップパックなので手軽に飲むことができます。

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー 

カフェインレスコーヒーとの表記ですが、カフェイン除去率は99.7%以上のようです。

通常のコーヒーと変わりない香りと味なのでおすすめできる商品となっています。

INIC coffee ナイトアロマ

おすすめ商品

カフェイン除去率99.85%のデカフェコーヒーになります。

溶剤を使用しないスイスウォーター式という方法でカフェインを除去しているので、安心して飲むことができます。

お湯でとかすだけのインスタントタイプなのですが、コーヒーの深みがきちんと残っているので、コーヒー好きの方も美味しいと感じるのではないでしょうか。

②アロマ

調べてみると意外とコーヒーの香りのアロマが売られていたりします。

アロマには天然のものだけを使用したエッセンシャルオイルと、人工的な香料やアルコールを含んだアロマオイルとがありますが、香りを嗅ぐだけなら後者で良いと思います。先ほど紹介した実験も人工的に作られたものなので。

ただしお風呂で使うなど香り以外でも使いたいという方はエッセンシャルオイルを使うのがいいでしょう。

番外編:コーヒーの香りがなくても集中力が上がるかも?

コーヒーの香りがなくても集中力が上がるかも?

最後に番外編として1つ面白い実験を紹介します。

先ほど紹介した実験ではコーヒーの香りがトリガーとなって集中力がアップしましたが、今回のものは何とコーヒーを想像するだけで集中力が上がるかも、という内容です。

トロント大学で行われた実験で、113人の被験者を対象に

①画像を見せるなどしてコーヒーを想像してもらう

②テストを実施

を行いました。

すると被験者が

・時間の経過が速いと感じた→集中力が上がっていた

・自分自身の頭が冴えていると実感した

ということです。

さらに欧米人の被験者とアジア圏の被験者を比較したところ、欧米人の方がより効果を実感していたということが分かりました。

研究者によると、欧米の方がコーヒーの文化が強いため差が見られたのではないか、ということです。

コーヒー上級者(?)の方は、もしかすると画像を見るだけで集中力が上がるかもしれませんね笑

コーヒーの香りで集中力が上がる:まとめ

・コーヒーを普段から飲んでいる人ほど、香りだけでも集中力が上がる効果が期待できる。

・コーヒーの代用品としては、デカフェコーヒーやアロマがおすすめ。

・コーヒー愛飲者は、コーヒーの想像をするだけで集中力が上がる…かも?

いかがだったでしょうか。

カフェインの摂取量を控えたい、コーヒーを飲む量を減らしたいという人は香りを嗅ぐだけでも効果が得られるかもしれません。

ぜひこの記事の中から気になったものを試してみてください。

この記事もおすすめ!