食生活

【危険?】人工甘味料の危険性はどれくらいなのか

人工甘味料の危険性はどれくらいなのか

人工甘味料は危険だ!

と言う話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

確かに0カロリーにもかかわらず砂糖とほぼ同じ味、同じ甘さ…。何か裏があるのでは?と勘ぐってしまいますよね。

そこで今回は、人工甘味料の簡単な基礎知識から、人工甘味料はどれくらい危険なのか、どれくらい気をつければいいのか、についてお話ししていきます。

この記事で学べること

・人工甘味料とは何ものか?

・人工甘味料はどれくらい危険なのか

甘味料とは

甘味料とは、その名の通り甘味を加える調味料のことです。甘味料は大きく分けて「天然甘味料」と「人工甘味料」の2種類が存在します。

天然甘味料

天然甘味料とは

天然甘味料とは、天然の植物や食品から抽出して精製されたものです。砂糖、ハチミツ、メイプルシロップなどが代表例ですね。

もちろん基本的に、天然甘味料は体に害はありません。(食べ過ぎや、乳幼児にハチミツはもちろんNGですが)

人工甘味料

人工甘味料は天然甘味料とは違い、人工的に作られたものになります。人工甘味料は大きく2種類あって、本来自然界には存在しない成分を合成甘味料天然に存在する成分を人工的に作りだした甘み成分を糖アルコールと呼びます。

ちなみにガムでよく目にするキシリトールも人工甘味料で、こちらは糖アルコールの一種です。

人工甘味料が使われる理由

甘味が強い

人工甘味料は基本的にとても甘みが強いです。なんと一般的な砂糖の10,000倍を超える甘さを持つ人工甘味料も存在します

そのため天然甘味料に比べて、使用する量が少なく済むので、コストパフォーマンスがよいというメリットがあります。

カロリーが低い

人工甘味料の二つ目の大きな特徴が、天然甘味料に比べてカロリーが大幅に低いという点です。

人工甘味料は、人が消化・吸収できない成分でできているため、結果的にカロリー0、または低カロリーに抑えることができます。

また消化吸収されないということは、血糖値が上昇することもなければ、太る心配もないのです。なのでダイエット食品のほとんどで、人工甘味料が重宝されていますね。

人工甘味料の危険性

人工甘味料の危険性とは

では果たして人工甘味料はどれくらい危険なのでしょうか。結論から言うと

健康へのリスクはないとは言い切れないが、過剰に避ける必要はない

と考えて良いと思います。

ではその理由を見ていきましょう。

人工甘味料に関するデマ

人工甘味料の危険性として、

・発がんリスクが高まる
・視力低下や失明のリスクが高まる
・内臓異常のリスクが高まる

といった話があるのですが、これははっきり言って科学的根拠のないデマです。

もちろん食べ過ぎれば危険性は高まるかもしれませんが、それは天然甘味料にも言えることですし、そもそも危険性の高い食品だとしたら、国や世界の機関が放っておくわけがないですよね笑

実際に、アメリカ食品医薬品局も人工甘味料に関して、健康への悪影響を否定する結論を出していますし、日本の厚生労働省も、綿密な検証を経て人工甘味料の安全性を確認しています。

ですので、人工甘味料を食べると死ぬ、もしくは死に直結する病気になる、といった人工甘味料に対する極端な意見は無視して良いと思います。

人工甘味料について注意する点

ここまでは人工甘味料の危険性を否定する話をしてきましたが、ここで一つ人工甘味料について気をつけて欲しい点を紹介します。

あの有名な学術雑誌『ネイチャー』が発表した論文によると、

11週間に渡って

・ブドウ糖を摂取したマウス

・人工甘味料を摂取したマウス

を比較したところ、人工甘味料を摂取したマウスの方が糖分の代謝機能が低下する「グルコース不耐症」の発症確率が高くなったそう。

つまり糖尿病になるリスクが高まったのです。

さらに、これを踏まえて行われた人間を対象にした実験で、人工甘味料を摂取し続けた人の一部で腸内細菌が減少していることが明らかになりました。

もちろん人工甘味料を摂取したからといって、すぐに命の危険があるわけではないですし、一般に噂されているほどの危険性はありませんが、腸内環境の悪化は万病のもとですから、対策をしておく必要があるかもしれません。

人工甘味料の危険性はどれくらいなのか:まとめ

人工甘味料の危険性については、噂されるほどの大きくはないものの、多少のデメリットは覚悟しなければいけませんね。

もちろん人工甘味料には天然甘味料に比べてカロリーが低いという大きなメリットがありますので、ダイエットをしているときだけ人工甘味料を使うようにするなど、それぞれの特徴を踏まえて使う甘味料を選ぶと良いと思います。

また最近ではラカントなど、カロリーが低いもしくは0に近い天然甘味料も出ていますので、そちらを利用するのも一つの手ですね。

ぜひこの記事を参考にして、健康に良い食生活を送ってください。

・人工甘味料は天然甘味料に比べてカロリーが非常に低い

・人工甘味料は噂されるほどの大きな健康被害はないが、腸内環境が悪化する恐れがあるので、注意が必要。

・人工甘味料を使いたくないという方は、天然甘味料でカロリーが低いものを使うと良い

0カロリー人工甘味料
この記事もおすすめ!